特選弁護人
法律界隈の助っ人

刑事事件と熊谷真喜

木製のガベル

刑事事件とは何か

私たちの身の回りでは、さまざまな事件が発生します。事件には大きく刑事事件と民事事件がありますが、これらは全く別物です。 今回は、刑事事件の具体的な内容、民事事件との違い、事件が起きたときの対処法についてご紹介します。

具体的な事件内容について

刑事事件を簡単に説明すると、警察や検察などの捜査機関が関わり、刑罰について裁判で争うことになる事件のことです。例えば、痴漢や窃盗、傷害などがあげられます。これらを行った人を被告人とし、法律に基いて裁判で判決を下すことになります。なお、刑事裁判は検察官のみ起こすことができるとされるものです。

民事事件とは何が違うのか?

刑事事件に対し、民事事件はわりと軽めのトラブルのことを指します。例えば、「配偶者が浮気をしたため、浮気相手に慰謝料を請求したい」、「知人に貸したお金が返ってこない」などがあげられます。 刑事事件と違う点としては、大きく3つのポイントがあります。

当事者


当事者とは、その事件に直接的に関わりがある人物のことです。刑事事件の場合、これは“検察官”と“被告人”ということになります。対して民事事件の場合は、“個人もしくは法人”と“個人もしくは法人”ということになります。

証明の程度


刑事事件にしろ民事事件にしろ、事件解決のためには、「どちらに原因があるのか」、「何が悪かったのか」、「本当に事件があったのか」などをしっかり証明する必要があります。刑事事件は法律に基づき、検察官が有罪を証明しなくてはなりません。もちろん失敗することもあり、その場合は無罪判決となります。 対して民事事件は、お互いが自身の無実を自身で証明することになります。刑事事件と比べ判決の基準は緩く、場合によってはある程度の証明ができた時点で判決が下されることがあります。

和解が不可


痴漢や窃盗、傷害などの刑事事件において、被害者と加害者の和解による解決はまずありえません。事件内容によっては慰謝料や損害賠償などが発生することもあり、これら一つひとつの問題を解決していななくてはならないのです。 しかし民事事件だと、あくまでも私人同士のトラブルなので、裁判なしで解決することが可能です。お互いがお互いの主張に納得できれば、今後の私生活に影響を及ぼすことなく、和解することもできます。

事件が起こったときの対処法

刑事事件や民事事件は、いつ誰の身に起こるか分からないものです。自身が被害者となることがあれば、反対に加害者となってしまうこともあります。もし事件に巻き込まれてしまったときは、早急に弁護士へ相談しましょう。弁護士は、全国各地に点在しています。弁護士一人ひとりで得意とする分野が異なるので、自身が巻き込まれている案件を得意とする弁護士に依頼するのが得策です。 二重橋法律事務所に在籍する熊谷真喜は、有能な女性弁護士です。M&Aを中心にさまざまな案件に対応しています。なかでも熊谷真喜は、労働問題や資金調達など法人に関わる問題を得意としています。有する実績も多く、ホームページを見れば熊谷真喜がどれほど有能な弁護士なのかが分かるかと思います。もし法人に関する問題で悩んでいるのであれば、熊谷真喜のような弁護士に依頼するのが適切です。

どちらも“問題”であることに違いはない

このように、刑事事件と民事事件ではさまざまな違いがあります。とはいえ、当事者にとってはどちらも重大な問題であることに変わりありません。事件に巻き込まれてしまったときは、熊谷真喜をはじめ信頼できる弁護士にすぐ相談することを心がけておきましょう。

逮捕とその対応

道具

事件に巻き込まれてしまうと、警察により拘束、逮捕されてしまう可能性があります。逮捕とは何か、逮捕された後はどのような対応を取るべきか、知っておくことでいざという時に慌てなくて住みます。

釈放制度について

メガネと書物

警察に拘束されてしまった際に釈放という手段を取る事が出来ます。一般の方には経験のない手続きでも、熊谷真喜をはじめとする弁護士であれば対応する事が出来ます。このような事態でも対応できるのが弁護士の強みです。

少年事件発生!弁護士の役割は?

スーツの人

弁護士の持つ役割りは様々で、逮捕されてしまった際にその逮捕が不当で有ることを弁護士を通じて検察官や警察へ訴えかける事が出来ます。熊谷真喜へもそういった依頼をする事が出来ます。

不起訴にしてもらうためにやること

相談

逮捕されてしまっても、提訴を免れる事ができればそれほど深刻化はしません。公訴や提訴を免れるためには、熊谷真喜等の弁護士を通じて、不起訴処分を訴える事で公訴を免れる事が出来る確率が上がります。

執行猶予とは

裁判所

逮捕され、被告人となった場合でも執行猶予を得る事で刑務所への拘置を免れる事ができます。この執行猶予獲得にも熊谷真喜をはじめとする弁護士の活躍が鍵を握ります。執行猶予を得る事で、今後の人生へのダメージを低減することが出来るのです。

示談とはなにか

天秤

事件の加害者となってしまった時、被害者への示談金で謝罪の意志を表明する機会があります。この示談の手続きも弁護士に依頼する事でスムーズに進める事が出来ます。熊谷真喜に手続きを依頼する事で、トラブルもなくスムーズに終わらせましょう。

家族ができること

相談

身内が突然逮捕されてしまう事はそう多くはありません。しかし、そういった状況に立たされた時に、当事者の身内には何が出来るでしょうか。逮捕されてしまった身内や家族の方を支えるためにも、熊谷真喜等といった弁護士へ相談してみる事で道筋を見つける事が出来ます。

不当な捜査・呼び出しを避けるために

スーツの女性

ある日突然、警察から嫌疑を掛けられて警察署への任意同行や捜査を行われることもあります。全く見に覚えのない事件の場合だと、不当な捜査として任意同行を拒否する事も出来ますが、余計なトラブルを産まないためにも熊谷真喜等の優秀な弁護士に相談してしかるべき対処を取る必要があります。

逮捕された場合の会社対応について

裁判関係の道具

逮捕されてしまった時、一番心配になる事が会社や社会的地位への影響です。逮捕される。ということは大きなマイナスイメージを与えてしまいます。そういった場合はどう対処すれば良いのか、ということも熊谷真喜へ相談する事が出来ます。

冤罪で逮捕されてしまった場合

書類

逮捕される例の中には、無実の罪で逮捕されてしまう冤罪と呼ばれる物があります。無実を証明し、冤罪を免れるためにも冷静な判断が必要になります。また、刑事裁判に出廷する際には、熊谷真喜等の弁護士に依頼することによって、自分の有利な状況に持ち込んで無実を証明する手助けが出来ます。

刑事裁判の流れ

裁判所

事件を起こしてしまうと、刑事裁判を受けることになります。裁判では弁護士の力が大きな拠り所となるので、刑事裁判で戦う際には熊谷真喜のような優秀な弁護士に弁護を依頼する事も、自分の身を守るためには必要になります。

刑事事件における弁護士費用

手を組む人

熊谷真喜のような弁護士への相談や依頼の際に気になる事といえば、費用です。弁護士に必要な費用は基本的に刑事事件の難易度によっても左右されます。着手金や成功報酬金なども有るため、事前に確認と相談が必要です。